About US/プロフィール

「魂(いのち)の声を聴き、魂(いのち)の願い通りに生きて光り輝き続ける為に、不要な物を取り除く」

 

 魂(いのち)は「本来の心と身体」にも宿っています。

しかし、現代の私たちがもつ「本来の心」には、「本来の心」と「魂(いのち)に不要な知識・感情」が、

「本来の身体」には、「本来の身体」と「身体の中に溜まった、魂に不要な老廃物

(乳酸・リン酸・アンモニア・尿酸・炭酸・石灰沈着するリン酸カルシウム・水素イオン等の酸化物質)・

化学物質(大気中・食品添加物等)・ストレス」

が入り混じっています。

この不要なものにより、魂(いのち)=本来の自分の声が聴きづらくなっています。

そのため、病気になったり、人間関係で苦しんだり、仕事が出来なくなったりします。

例えば、病気は本来の自分からのサインです。

このサインを無視して不要なものを取り除こうとはせず、対処療法で病気などを解決しようとするため、

本来の心と身体だけに戻りづらいのです。

そして、自分でも何が魂(いのち)の声かが分らず、結果的に魂の願いとは違う選択をすることが多々あります。

 

 「身体が良くなれば心も良くなり、心が良くなれば身体も良くなる」

リマレイアでは、心身の不要なものを取り除いていく又は転換していくことを身体からアプローチし、

心身が変わっていき、本来の輝きを発する方法をご提供しています。

 

「ストリームマッサージ」・「おなかヨガ」

 

マッサージは、全身の関節・筋肉の収縮により、生きることが痛みで寝たきり、将来の夢も希望も失われた時、動けず、触られることも痛くて不快だった私に、言葉よりも

人の手によるぬくもりと優しさが、身体~精神を和らげ、一枚ずつ不要な鎧を脱ぐように、魂の輝きを徐々に強く、確実にして助けてくれました。

そこで私は、家庭内療法であるロミロミをハワイアンカフナから授けていただきました。

そして自分の体験を活かし、痛みではなく痛気持ちいい中で意識が解き放たれた時に、全身の筋肉・内臓が全て緩み、リンパの流れと共に心身の不要なものが自ら動き始め、

骨格も整えるストリームマッサージ法を開発しました。

さらに、本当の健康は自分で創れます。受け身ではなく、自分でストリームさせる方法として「おなかヨガ」も開発しました。

その結果として、健康で美しい心と身体創りのお手伝いをしています。

 

 「プロフィール」

 

ダンスが大好きでダンサーになりたかった私は、12歳で第五腰椎分離症にかかり、3年間コルセットをつけて運動も体育もできませんでした。

学校には行きますが、とにかく痛みがひどくて座っていることも出来ず、家では横になっているしかありませんでした。

動けないのと、将来の夢も断たれたフラストレーションから、極度の緊張で全身の筋肉、関節が縮んだまま硬くなり、

骨格も足から顔までゆがんで自分ではどうしようも出来なく、ただ痛みと憂鬱を抱えている毎日でした。

自分の進路を考えた時、

今は親がいて私が何もしなくてもご飯は食べれるけど、将来親がいなくなったらどうするんだ?

将来私が何をしたいのか!ではなく、私がまずやることは

腰を良くして、痛みのない、心身共に健康でハッピーな自分を手に入れることだ!

そこからが本当にやりたいことをやれるようになるんだ!

ということに気づきました。

自分の身体の痛みから身体に興味が沸き、しかし、記憶だけの受験勉強は心身への負担に限界があり、医学部ではなく

医療系の大学を受験し、進学しました。

その間も、自分の魂のやりたいこと(ダンス)を満たすために、感情から動くフラメンコダンサーをやっていました。

その時代にたくさんの芸術や芸術家に触れ、身体、見えないもの、空間や美の感覚を身につけました。

ダンサーとして舞台にも立っていましたが、身体が固い為先生の言うように身体がコントロールできないのと、

手を上げただけで神経が引っ張られ、顔がゆがむ事から、フラメンコの先生にヨガを勧められました。

当時、人に身体を軽く触られただけで痛く、首から背中がキューっと固まる為、料理や掃除も出来ないくらいでした。

早速、ヨガクラスに行きましたが、ヨガの先生に身体を触られただけで激痛が走るほど筋肉の収縮を実感したため、ヨガを半年休み、週に3回、マッサージを受けていました。

そして、その治療院でマッサージを学び、手伝っていました。

マッサージで徐々に人に触られても痛くなくなった頃、ヨガを再開しました。

ヨガは私にとっては、極度の痛みとリラックスからくる解放を味わう、リハビリでした。

その中で、「身体が緩むと心も緩む。心が緩むと更に身体が緩む。」

という、身体と心の相乗効果を実感しながら、私の筋肉、関節、骨格、心の状態がメキメキ良くなり、生きていることが少しづつ快適になっていきました。

ヨガの修行を7年間した時、ヨガの先生からお免状をいただく機会があり、ヨガの先生となりました。

が、私はすぐにヨガが出来た訳でなく、マッサージでヨガが出来る心身になれたため、マッサージで治療できる技術を

身につけたく、ハワイアンが代々治療目的で行っている古代からの知恵であるロミロミをハワイで修行しました。

ここでは先生の痛いけど瞬時に良くなる手法とは対極の、時間はかかるけど痛くなく、気持ちよく深いリラックスの中で

良くなる私の手法も、筋ジストロフィーの子供や事故の後遺症を抱えた方、思い悩むストレスで胃が痛む方々に喜ばれまた。

その中でハワイアンから、祈りや浄化などの目に見えない力、宇宙や自然、植物、鉱物の力などを伝授いただきました。

2002年、で独立し、東京、三宿の「スターポエッツギャラリー」様でヨガ講師としてスタートしました。

又、「株式会社バド・インターナショナル」様と出張マッサージの契約をしました。

2004年、生まれ故郷大分県日田市にてヨガ教室を開校しました。(現在、母親が講師)

幼少から食品添加物に反応する自分の身体に不快感があり、母親に

「買うものの裏を見て、カタカナが多く書かれているものは買わないで!」と頼んでいました。

食品選びには注意していましたが、将来の出産・子供のことを考えて、マクロビオティックを「リマ・クッキングスクール」にて学び、アシスタントも経験しました。

2006年、精神的ショックで声が出せなくなり、声楽や発声を学び始めました。

2010年、楽な声の出し方を身につけたく、劇団研修生になりました。

ヨガやマッサージは腰の痛みから解放されたくて続けているのに、改善はするものの、痛みは20年間私を締めつけ完治には至らず、思い悩んでいました。

その時、腰の痛みは心の作用ではないか!と痛感し、我慢や言いたいことがあるのに言えない、出していない怒り、悲しみ、不安、恐れなどと、身体の症状を見直したら腰の痛みがかなり改善されました。 

2012年、東京、中目黒にヨガとマッサージサロン「リマレイアNakameguro」をオープンしました。

2014年、「リマレイアお話会」をスタートしました。

2015年、「株式会社Be Proud」様と出張マッサージの契約をしました。

2015年、お腹やせプロジェクトが発足しました。

2015年、屋久島の旅を機に、毎日森で般若心経を唱える中で、「ストリームマッサージ」と

お腹やせプロジェクトが進化した「おなかヨガ」が産まれました。

2016年、ヨガとマッサージサロン「リマレイア」を溝の口のフィオーレの森内に移転しました。

万能酵母液インストラクターとして、万能酵母液と納豆菌水、わら納豆の作り方と実践セミナーをスタートしました。